5Gとは?ソニーとマイクロソフト提携に見るこれからの社会の変化と、オススメの投資信託

5Gとは?ソニーとマイクロソフト提携に見るこれからの社会の変化と、オススメの投資信託

今日ソニーとマイクロソフトが協力を発表しましたね。実はその背景には最近話題の5Gが密接に関連しています。でも正確に5Gを知ってる人って意外に少ないのでは?この記事では5Gの基本的な説明から、今後の社会が5Gによってどう変わっていくのかを企業の動きを踏まえて解説します。そして今後の5Gの発達に伴ってどのような投資信託がオススメかを説明したいと思います。


  • 5Gとは何か 4Gと比較しながら解説
  • 日常生活はこう変わる
  • 社会における変化概要
  • 5G関連のオススメ投資信託はこれ
  • オススメの理由
  • オススメはやっぱりこの組み合わせ

5Gとは何か、4Gと比較しながら解説

今私たちが通常使っているスマホに使われてるのは4Gです。みなさんもよく知ってるものだと思います。昔3Gってのが使われてて4Gに変わったので記憶に新しい人もいるかもですね。このGってのはgeneration(世代)って意味で5Gは第5世代移動通信システムってことなんですね 単なる5つ目の情報通信システムってことです

4Gに変化した時めっちゃ通信速度早い!ってびっくりしませんでした??5Gを超簡単にいうなら4Gの通信速度のさらに超早い版です。ではどれくらい4Gより早くてすごいのか

5Gha4Gより、100倍通信速度が速くて!タイムラグは1割まで減ってて!10倍の多さの機器に同時接続が可能な情報システムです! あんまりピンとこないですよね笑 

ライン電話を例にざっくり解説すると、海外電話してても、テレビ電話しててもまるで直接話ししてるレベルの速度で、テレビ電話画質は4K レベルで、さらに複数人通話も同じクオリティでできるって感じです。

まあ、4Gdの全ての機能を10倍以上すごくしてて、通信面とかで今私たちが感じているイライラを全て無くしレベルって感じです。でもそれってそんなすごいのって思っちゃいまうよね、僕も初めて調べた時には、え?そんだけ?大騒ぎしすぎじゃね?って思いました。

それでは次に日常生活がどう変わるかを見ていくことでもっと驚いてもらいましょう笑

日常生活は5Gによってこう変わる!

まずは未来の私たちの1日を書いていきましょう。

おはよう!まず起きると自動でお風呂にお湯が入ってて朝の準備はバッチリ!(朝風呂しねえって人すいません、)お風呂から上がる頃にはドローンで朝ごはんが運ばれてきています。朝ごはんを食べるとさあ仕事や学校へ!首元にあるウェアラブル端末をクリックすれば瞬間移動したように目の前に会社や学校の風景が映し出されてて、通勤通学しなくておっけー!お昼頃になるとお腹もすいてきました。お昼は有名なあのお店にたべに行こうって思って玄関を出るともうそこにはあなた専用の無人送迎車が止まってあなたを待っています。

仕事や学校も終わったので友達と遊びに行きましょう!今度は仕事とは違ってがっつりヘルメットみたいな装置を被って「リンクスタート!」(わかる人はわかるかな笑)意識が途切れて次の瞬間あなたは中世ファンタジーの世界へダイブしてます。ちょっと遊びすぎて疲れちゃた?じゃあちょっとファンタジーの世界の中でお医者さんに診察してもらいましょう!元気ドリンコをオススメしてくれましたね。元の世界に戻るとすでにそこには元気ドリンコと疲労回復に効果のある食事が運ばれてました! これで体調回復!また明日も頑張ろう!

っていう生活がリアルにやってくる!のが5Gの社会です。では1つ1つ解説していきましょう。

まずお風呂のシーン。端末はどんどん小さく、そして体と一体型になっていきます。情報処理能力が上がっているので、常にあなたの体に不調がないかをモニタリング。当然起きるであろう時間もわかります。https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/07/post-10533.php

次にドローンの発達。今はドローンを自動制御しきれていませんし、複数台のドローンを飛ばすと衝突事故も起こります。でも周囲の状況をカメラで判断して、周りのドローンと常に連絡を取り合っていたらもう事故は起こりません。空に渋滞はドローンにとってはないみたいです。https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1903/06/news118.html

これが一番興味ある人いるのでは??5GはARとVRを加速させます。拡張現実と仮想現実です。拡張現実は現実とネットの融合(ポケモンGOをイメージしてください)で、ホログラムのように遠い場所にあるものがここにあるように見え、かつ使えるようになります。https://special.nikkeibp.co.jp/atclh/NXT/18/nttdocomov0228/これはスポーツ観戦にARga使える例ですね

みなさん知ってる自動運転!ついに5Gde実装されます。これはもうほぼ確実でしょう。実現間近まできてますし、あまりに巨額の投資をしています。今更退くことはありえないでしょう。https://time-space.kddi.com/au-kddi/20190322/2603

はい、ついにきましたねVR(仮想現実)僕は正直これが一番楽しみです。もう説明は不要でしょう。わからない人はSAO(ソードアートオンライン)見てみてください。https://time-space.kddi.com/au-kddi/20181210/2512

5Gに非常に大きく期待されていることが遠隔治療です。5Gの説明でも言いました「タイムラグがなくなる」この利点がまさにここに現れます。タイムラグがなくなることで手術をロボットを介して世界的な名医がどこにいても手術ができるようになります!https://www.bcm.co.jp/solution-now/cat-solution-now/2019-02_1659/

まあ今回紹介したのはかなり一部の事例何ですが、イメージ的にはこれまでだとお金と人手をかけなければできなかったことが一般人にもできるようになるってことです。

確かにその風潮はすでに出てて、例えばオーダーメイドの服などは完全に贅沢品だったのがzozoスーツの誕生で誰でも気軽にオーダーできるようになったりなどの事例にも現れてますよね。では次社会全体としてはどんなことが出来るようになるのかみていきましょう

社会全体における変化概要

ここからはもちろん事例を示しつつですが私の考察も入れながら解説していきたいと思います。

大きな変化として私が考えるのは二点 時間距離の消滅と全ての情報のデータ化です

まず大きな変化としては時間距離の消滅という風潮になると思います。時間距離というのは、例えば今東京から大阪に行くのに新幹線で2時間半かかりますが、リニアモーターカーの誕生で1時間で行けるようになるとします。この時東京〜大阪の時間距離は40%に短くなるという感じです。

江戸時代は東京大阪間が3日かかってたので、江戸時代から比較すると現在の東京大阪間の距離は33分の1くらいの距離になったって感じです

この風潮が世界的に広まるということです。身近なところでは自動運転による交通量の管理で渋滞がなくなることでスムーズに移動出来るようになること。未来的には仮想現実の空間でまるでアメリカにいるかのような体験をリアルタイムで行えるようになったり、、、ってことですね。

現在企業の地方移転が少しずつ進んでいます。https://tenshokukamo.net/tenshoku/work-location/relocation.html

楽天が本社を少し都心から遠い二子玉川にしたこともこの風潮と無関係ではないでしょう。つまりITの発達によってわざわざ近いところにいる必要がなくなりつつあるということですこの風潮がますます進むのではないかと考えます

もう一つが全ての情報のデータ化ですね。https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/at/18/00038/00003/

これはトヨタの例ですが、例えばどこかに行く際にカーナビでいきたい場所を検索しますよね、そのデータを集めれば、いつ、誰が、どこから、どこに、どんなルートで、途中何をしながら 行ったのかわかりますよね

5Gでは非常に多くの情報処理を行えるようになるので利用者全てからこのようなデータを取ることができます。そうすればその人の趣味や性格まである程度は判断できますよね、ならその人に向けた広告もオーダーメイドされたものへと変化していく、、、という具合に日常生活の全てがデータ収集の対象となり、結果私たちの性格というような本来データにできないようなことまでデータにできてしまう、、、ということが可能になります

つまり、トヨタのような車、毎日使うケータイ、買い物の際の電子マネーなど日常生活に結びついていて最終消費者(私たちのことです)に近いところのデータを集められる企業はますます巨大化していくと考えられます。

5G関連のオススメ投資信託はこれ!

以上の記事で5Gがこれから非常に大きな影響力を持ってく流ことがわかったかと思います。(すでに企業は何千億単位で出資しているのでほぼ確実にこの流れは進んでいくと思われます)ではそんな社会で伸びてくる企業、ないし、儲かる可能性の高い投資信託はどれなのでしょうか。

結論からいうとVOX(バンガード通信サービスETF)とVGT(バンガード情報技術ETF)です。理由は2点。インデックス投資信託であること。手数料が安いこと。1つ1つみていきましょう

オススメの理由

インデックス投資の有効性

株式投資を行う際に選ぶことがあります。それは個別の企業を買うのか、投資信託と言って何社かに分散して買うのかということです。(投資のやり方についてはまた別の記事でがっつり解説します)個別の企業株を買う場合は多くの分析をしなければいけません。その企業の財務状況、収益構造、業界の過去と未来予想、、、かなりしっかり調べないと損する可能性が高いです。

一方で投資信託の場合だと、運用会社が代わりにその調査をやってくれています。さらにもともと分散している商品なので大損する可能性が低いです(大儲けする確率も低いですが)。なので初心者や、株が専業でないのならまずは投資信託を買いましょう。

投資信託の中にも2種類あります。アクティブ投資とインデックス投資です。イメージしやすいように日本の経済指標で解説します。

日本全体の株価が10%上がった時、買った投資信託も10%上がる商品がインデックス。5%しか儲からないかもしれないけど15%儲けにいくのがアクティブです。今回は割愛しますが、基本的にアクティブは難易度がかなり高くプロでも頻繁に失敗します。一般人はインデックスにしましょう。実際に実績も出ています。インデックスは指数と同じ数字を出しに行くスタイルですので、投資先が悪い商品というのは基本的に存在しません。

手数料の安さ

投資信託で、インデックスの中でも良いもの、悪いものはあります。基本的には配当と手数料なのですが、今回は手数料にフォーカスします。

例えば(5G 投資信託)で検索をした時に上位にくる投資信託商品について手数料をみてください。そして先ほど挙げたVOXやVGTの手数料と比べてみてください。。。。10倍くらい手数料違うので、、、それだけです、、、

え?手数料の分儲けやすいんじゃないかって??確かに高い方の投資商品の投資先と僕のオススメする商品の投資先は違う部分もあります。安心してください。だから2つオススメを挙げているんです。

超ざっくりいうと高い方の投資信託商品の内容はおすすめの投資信託を組み合わせればかなり似たようなものになります。例えば高い商品に100万円入れる代わりに2つのオススメ商品を30万円、70万円ずつ入れるだけでオッケーです。

オススメはやっぱりこの組み合わせ

結論としては、投資信託を選ぶ際に重要なのは、プロじゃないならインデックス投資で平均的に儲けること。(ちなみに機関投資家もインデックスの方が金額多いですよ)手数料をみて安い方を買うこと。の2つを守っておけば、大損はほとんどしません。 悪い投資信託の特徴は手数料が高いこと!ほぼこの一点なのでこれにさえ注意しておけば大火傷はおいません。

では最後にオススメ投資信託2つの中身を解説して終わりましょう

VOXとVGTの中身解説

VOXはアメリカの通信業界全体に投資をしています。アメリカの通信全体がやられると損をしますが、そうでない限りあまり損は出ないのが特徴です。

実際の投資先はフェイスブック アルファベット(グーグルのこと)などでここ10年間で約2倍に値上がりしている業界です。もちろん5G社会においても主役となる銘柄たちです。

VGTはアメリカの情報技術業界に投資をしています。名前からもわかるようにさっきの商品とかなり似たような分野ですが、業界が違いますので投資先も違います。具体的なのはマイクロソフト、アップル、ビザ(クレジットカードの)です。実績としてはここ10年で4.3倍になっています。ITの重要せがどんどん高くなっているのがよくわかりますね。

最後に結論

5G社会でもなんでもですが新しい世界になるにはお金がかかります。いきなり魔法のようにある日突然世界が変わることはありません

なので次にどんな社会になるのかを知りたい、それで稼ぎたいと思うならまずは企業がどんなことにお金を使っているかをニュースをみて知ることが大事です。

日々の地道な勉強こそ将来の成功に繋がりますので一緒に頑張っていきましょう!

日々の株価の動きやビジネスチャンスについて発信中