ディズニーはアマゾン、Netflixを駆逐する!? 日々のニュースから世界動向を探る!

昨日に引き続き、今日も世界情勢の解説と、個人的株スキル向上に役に立つ情報を発信して行きます!是非みてね!

昨日の米国!決算にiphone!アップルは世界を牽引する!?

携帯電話, スマート フォン, 3 D, 操作, 画面, アプリ, 技術, 城

昨日の米国は大幅上昇の+1.5%で終了!特に上昇した会社がテクノロジー企業! 今回はここを中心に解説して行きます〜

ポイント!

  • iPhoneのサプライヤーが本格始動宣言!
  • ディズニー好決算!流石の強さ!

まず、昨日は世界的に半導体企業が大きく上昇。SOXとかテクノロジーセクターは他に比べるとめっちゃ上昇幅が大きいという状況

これなぜかというと、原因は『iPhoneのサプライヤーが本格始動宣言!

そもそも何で半導体株が下げてたかというと、中国でのコロナウイルスの感染によって武漢(人口1100万人の大都市)がほぼ経済活動不可能状態になったから

この武漢っていう街、特に半導体や車のメーカーのサプライチェーンにおいて超重要な拠点

高層ビル, 家, 市, アメリカ, 家のファサード, 住宅渓谷, キャニオンズ
大都市のイメージ

そこを中心に経済活動ストップ!

なんて状況になりかけてるので

『これiPhoneとかの半導体使う製品の生産やばいんじゃない??』

っていう懸念が大きく広がって、前日までに大きく下落してた。

そんな状況の中、『生産は大丈夫だぜ!』的なニュースが新しく入った。しかも前日の中国株は8%安の状態から上昇を見せた

これが大きかった!今までの懸念がほぼ払拭!?というムードになって一気に下げていた株価に買い戻しが入って上昇という感じ。

ここからが重要なんだけど、

  

『株価っていうのは下げるときも、上げるときも理由がある。今回なら半導体ダメ!って理由で下がってた。』

『じゃあ半導体OK!ってニュースが出てきたら?下げた以上に上げるのは普通でしょ?』

『だからポイント! 下げた理由も上げた理由もきちんと抑えよう!知っているだけで有利になる!』

  

って相場でした!

個人的に光った個別銘柄としては『ディズニーの決算』

ディズニー決算についてもみてみよう!

ディズニー, フロリダ州, 魔法の王国, オーランド, ディズニーランド

今回のディズニーの決算!ポイントは『ディズニー+』というサブスク 型の動画配信がどうだったか!

結論から言うと、大成功!

そもそもこのサービス5年以内に登録者数1億人が目標だった。

でもサービス開始初日に何と何と1000万人を達成すると言う快挙をなし遂げた!

今回の決算では『その後はどうだったの??』ってところが注目されてた。

市場予想は2100万人登録者達成!さて結果は??

 

花火, 湖, 反射, 泊, スカイライン, 遊歩道, カップル

 

何とここで2600万人を叩き出した!

これはすごい数字もう26%も目標を達成してしまっている

Netflixなどと比較すると、やっぱり登録者に苦労している中ここまで素晴らしいスタートダッシュを決めてディズニーはいい決算!って言う感じです。

 

ちなみにこう言う動画配信型のサブスク ってみんなは何個くらい契約してる?多分そんなに量は契約できないですよね?

市場的にもそう言う見方が強くって、こう言うサービスにおいては

他社の好成績=同業他社の株価下落

ってのはかなり頻繁に起きる現象なので注意しておきましょ!

私は、個別株投資がやりたいならまずは『消費財から!』とよく言っているんだけども、

その理由が

『自分で使った機会があるビジネスなので、ビジネスモデルを理解しやすいから』

そう言う目線も大事にしておきましょ〜!

はい、では今日最後のテーマはこちら!

中国のウイルス対策すげえな、これ日本ではやれないわ、、、

警察, 逮捕, 拘留, 手錠, 犯罪, 警察の使用法, 逮捕, 逮捕, 逮捕

今、中国ではかなりコロナウイルスの流行が広がってることは皆さんも毎日のニュースなどで嫌と言うほど聞いてると思います。

今回は、ちょっと興味深く、少し怖い内容をお伝えしていこうとおもます

それは

 

『中国政府のウイルス封じ込め作戦』

です。

理由などは全部別記事に書いているので割愛しますが、今回のウイルス感染について

中国政府はかなり本気で対応策を取ってきています。

(興味ある人は私のnote見てみてください。株投資のチャンスや推奨銘柄まで書いてあります。)

https://note.com/grow_invest/n/na4c459a1c835

 

 

もしくはブログにも書いてます

今回はそんな本気を出した中国が、一体どんな対策を打っているのか、市民目線の政策をお伝え

まずやばいのが『外出制限』

これは特に厳しい政策で一部地域だけですが

『1家族につき、外出できるのは2日1回、一人まで!目的は生活用品買い出しに限る!』

と言う制限がある模様

さらにさらに

『ウイルス感染地域に行った人は申告! もししなかったら逮捕!(もありえる)』

と言うなかなかアグレッシブな対策を実施

ちなみに、中国は監視カメラ台数が桁外れに多いです。

実験では、人混みの中逃げた犯人を15分で逮捕したと言うデータも

今回はその監視カメラを使って、感染者を常に追いかけるらしいですね

怖い、、、

SARS流行の時とは大きく異なって、今回はかなり本腰での対策してるっていのがよくわかります。

ついでに

マカオもやばい!ギャンブルしてる場合ではないか。。。

今回マカオのカジノ施設の従業員がウイルス感染したと言うニュースを受けて、マカオの全てのカジノ施設は15日間の営業停止状態に入りました

マカオのカジノといえば巨額の金が動く場所。そんなドル箱にさえ、規制をかけるあたり本気度が垣間見えます。。。

 

ラスベガス, 夜の時間, ネオン, カジノ, 記号, ストリップ, 市

ちなみに台湾は2週間以内に中国に行った人の入国を禁止すると言う措置まで取っています。

この流れが米国に拡大すると、かなり株価やられるので、そこは注意して行きましょう。

 

そろそろ日本も何か対策しようよーーー

終わり

日々の株価の動きやビジネスチャンスについて発信中