投資をやるならこの4つの選択を! 投資スタンスを決めよう

投資をやるならこの4つの選択を! 投資スタンスを決めよう

投資を行う際には事前にいくつか決めておかないといけないことがあります。

それが以下の5つ。なんとなくで始めた投資はかなりの確率で失敗すると言えます。損をしないために、しっかりと自分のスタンスを決めてから戦いましょう!

  

  • 投資期間はどれくらい?デイトレードのカッコよさは無視しよう
  • 勉強も必要。。。!投資分析方法
  • いくらあなたは投資する?答えは千差万別!あなた次第
  • あなたはいくら稼ぎたい?目標を定めて一歩を踏み出す!
  • あとがき

その前に前回の記事もよければ見ていってください。

ストーリー立ての記事にしているのでより楽しんでもらえると思います!

投資期間はどれくらい?デイトレードのカッコよさは無視しよう

 

株式投資を行うならまず決めておきたいことのうちの1つがこれ!

どれくらいの期間の投資をするの?って事。

 

投資を始めたいって人に「どんな投資をしたいの??」って聞くと案外返ってくる答えが

デイトレード!スイングトレード!って答え。

まあかっこいいからね笑 すごいテレビでも取り上げられてたし。

 

デイトレード、スイングトレードってのは、買って何分か経ったらすぐ売って!とか買って2、3日したら売って!という形の、短期間で売買する投資手法なんですね。

 

いいと思います!専業トレーダーなら個人でもその手法で成果出している人もいっぱいいます。

 

では質問です。これを読んでいるあなたは今何をしている人ですか??

会社員ですか?学生さんですか??

 

1つ答えがあります。学生さんならともかく社会人がこのトレードで利益を出すのはかな〜り難しいです(正直無理って言い切りたいくらい、、、)

なぜならあまりに値動きが激しいので常に画面に張り付いていないと行けないからです。

日本株ならもちろん会社の時間と取引時間が被りますし、外国株なら寝られなくなります。

 

2〜3日寝かせるならいいじゃん!って思う方いると思いますが、その場合でも基本は相場に張り付いていることが必要です。

 

実際に売らなくても、買わなくてもこの価格になったら買う!売る!ってラインを常に決めていないと勝てないので、結局相場をずっと眺める必要がありますから、、、

学生さんや、時間に余裕のある方向けの短期トレードのやり方は今度紹介します!

その時には短期トレードに必須のテクニカル分析(チャート分析)のやり方も一緒に紹介しますので待っててください!

投資期間についてはここでは全員が行うことのできる中長期投資としていきたいと思います。

(ちなみに短期トレードは中長期に比べてかなりハイリスクです。初心者には向かないのでご注意を!)

勉強も必要。。。!投資分析方法

株式投資を行う際に、株式について調べる必要がありますよね。その時に使う分析の方法についてです。

分析手法は基本的に2種類あります。テクニカル分析ファンダメンタル分析です。

あなたが実際に投資をする際に、どちらの分析項目を重視するのかを決めましょう!という内容です。

しかし

実はもうこちらも自動的に決まってしまっています。

 

結論から言うと中長期投資ならファンダメンタル分析を使いましょう。

(もちろんテクニカル分析もあったほうがいいですが、そんなに重要ではありません。ちなみに短期トレードをやるならテクニカル分析は必須です)

 

ファンダメンタルとは何かと言うと、企業の財務状況を分析する手法の事です。

 

  • いくらお金持ってるの?
  • いくら借金あるの?
  • 今年はいくら儲かった?
  • そのうちいくら使って、いくらは貯めてる??

などざっくり言ってしまえばお金の状況、使い道を正しく判断する手法です。

 

これについてはかなりしっかり説明しないと理解できない内容なので、今回は説明は省きます。次回以降しっかり解説入れますがこの分析だけは自分で勉強しないといけない分野なので勉強をオススメします

僕が勉強した本はいっぱいあるのですが、、、

おすすめの本色々、、、証券アナリスト財務分析は最新版を入手

初心者でも安心して学べて、かつちゃんとわかるようになるのはこの2冊ですね

特におすすめできる本(超初心者用なので安心してください!)

この2冊は会計(ファンダメンタル分析の内容のこと)を基礎からわかりやすく解説していて、なおかつきちんと勉強できる問題もついているのでオススメです。

 

このブログだけでもきちんとした知識はつくような内容を目指していますが、勉強するところはしっかりとする!と言うのも大事なので一緒に頑張りましょう!

 

 

分析手法はファンダメンタル分析おすすめ!これはちゃんと勉強しましょう!と言う話でした。

そして次に投資金額についてです

いくらあなたは投資する?答えは千差万別!あなた次第

お金と時間は切っても切れない、、、

さて、投資するスタンスの中で最も大事と言っていいのがここでしょう、、、

いくら投資しますか??と言う事です。

 

まずその前に株式投資における投資期間の重要性を確認してみましょう

と、その前に、、、

株式投資 第4版 
ここから飛べます

この本は投資銀行内でも絶対読んでおけと言われるくらいの名著です。ぜひ読んでもらいたいのですが、

 

理由として、過去の莫大なデータから結論を出しているからです。なので今から私のだす数字はこの本の受け売りの部分が多いです

投資金額の話に入る前に、もう一度、投資期間についておさらいしておきましょう!

 名著『株式投資』に学ぶ

本, 古い, 雲, 木, 鳥, 銀行, ラッシュ, 風景, 使用, 書籍, 古書

投資をするにおいては投資期間というのは非常に重要です。なぜならその期間によってリスクとリターンが大幅に変わるからです。

 

最近発行した私の著作『本気で稼ぐ 株式投資の教科書(本気で稼ぐ 株式投資の教科書 ~0から始める投資の5ステップ~

にも投資期間についての記述は多くあります。 

 

あるデータを出します。平均データとして考えてください

 

国債(国が発行する借用証書みたいなもの。10年とかの借金期間が決まっていて、その期間をすぎると必ず満額返してくれる)と

株式(返ってこないことももちろんある)を1年間保有した時、平均的にどちらの方がリターンが大きかったでしょう??

 

もちろん、株の中には潰れた会社の株(全額パーになる)も価値が下がった株もあります。一方債権は全て満額返ってきています。

答えは債権です。つまり1年なら株式に投資するより国にお金を貸した方がいいんですね。(かなり意外な答えだったと思います。最近は株式のリターンが高い傾向が強いですからね)

 

では10年なら??答えは株式なんですね。(これ平均ですよ)

この本ではデータからこう結論づけています。

 

長い間投資をすればするほど株式は安定した資産となる。と

ではここでオススメの資産配分をご紹介します。

 

ここから投資金額も絡んだ話に戻ってきます!

 

もしあなたがリスクは極力抑えたい!という方なら、、、

 

投資期間が1年→株式は全財産の9%以下 5年なら22%、10年なら40% 30年なら71%持っても債権と比較した際に(つまり投資しないで貯金した場合)リターンを得られ、かつリスクも抑えられています。

 

 ちなみに普通のリスクならOKなら

投資期間が1年→50% 5年→61% 10年→88% 30年→116% (100%超えてたり、100%に近いものはレバレッジをかけてもいいという意味です)

 

というデータになってます。つまり長期で持てば持つほど安定した財産になるということをデータが示しているんですね。

これを目安にして自分なりのバランスを考えてみるのが良いのではないでしょうか

ちなみに、あくまで一例です。こんな投資法を実践している方もいます。(なお、その人はかなり運用成績がよくて驚きました)

 ではここで

投資金額についても触れていきましょう!

全財産300万円としたら、50万円を現金保有、80万円を1日以内に現金にして良いくらい値下がりしにくい(けど上がりにくい)株で保有します(最悪短期になっても良いように値動きしにくい株。債券でもいいかもしれません)。

(つまり最低限の自己防衛資金として20万、急にまとまったお金が必要な時用に80万)

20万円を0になるかもしれないけどめちゃめちゃ上がるかもしれないような株(東証2部とかの)に夢のある投資。(長期)

150万円を潰れはしないだろう株に長期保有前提で投資 という方法を実践してました。

 

あくまで個人の話ですし、イメージですよ。実際に投資するならETFとか投資信託とか入れるので(あとで解説します!)

いくら投資するのかはあなたの状況によって変わってしますので正解はありません。ただ参考になるものはあるので見てみてくださいねってことでした

では最後に出口戦略、つまり投資の目標を決めましょう!

 

あなたはいくら稼ぎたい?目標を定めて一歩を踏み出す!

投資する額が決まったら、ルールを決めましょう!

 

まず、長期投資の場合、株価変動で投資行動が変化することはあまりありません

長期投資の場合は、その会社に投資した理由(〇〇と言う理由で上がる!)が崩れた場合に売却をすることが望ましいです。

問題は、中期であったり、投資をしてみた!と言う感じで投資した場合の対処法です。

重要なことはずばり

 事前にルールを決めておくこと!!

この株は何%上がったら売る!もしくは何%下がったら売る!みたいにして損切りと利益確定ラインを決めておきましょう。(資産運用としての積立の場合は除きます)

長期の資産運用の場合、何年後にこうなっていたら売る!と言うような感じです。

株式投資の世界では、損が少しでも出ると利益になるまで持ってしまう人がいます。 

 

もし長期的にその株が上がると思うのならその選択は非常に良い選択とも言えます。

しかし、ただ利益になるのを待つというスタンスではそれは投資する機会を失っていることになります。

 

例えばあなたの投資できる金額が300万円として100万円投資したものが95万円になっていまいました。

その株価が100万円になるのをひたすら待っているというのは、あなたの使えるお金95万円を一時的に失っているのに等しいとも言えるわけです。

なので事前に利益確定、損切りラインをしっかりと決めてそれを鉄の意志で続行するというルールを自分に課しましょう!

 

投資で成功するための鍵はいかに最初に決めたルールを守るかということに集約します。ぜひこの鉄則を守って良い投資ライフを送りましょう。

あとがき

はい、今回は少し趣向を変えて、どのようなことを投資において意識するか?というテーマでお送りしました。  

 

1回目は投資ってそもそも何?メリットとデメリットは?って話をしましたが、今回は以下のような話をしました。

 

  • 投資を始めるにあたっては決めないといけないことがある。
  • オススメは長期投資で、ファンダメンタル分析を勉強
  • 自分の状況に合わせた投資金額を決める
  • ルールを守るってことを事前にやっておこう

今度は、『じゃあ実際に何に投資すれば良いの??』っていう話をしていきます。

具体的には投資信託とETFって何??個別銘柄とどっちがオススメか

個別株の中での割安株、成長株はどっちが良いの??

っていう実際の投資対象について話をしようと思っています!

では!

日々の株価の動きやビジネスチャンスについて発信中