原油ETFに20万投資してみてわかった3つのこと

5月くらいに原油価格に連動するETFを購入しました。20万円投資して結果は+1000円この投資で感じた投資の心理、原油投資についてご紹介

注意:今回のブログ内容はかなりふざけてます。真面目なブログが読みたい人は別記事かnoteへどうぞ

投資するきっかけ

まずそもそもなぜ原油ETFに投資しようと思ったのか。

それはあるストーリーを持っていたからです。それはトランプ大統領の対中国戦略です

米中摩擦は長期的には米国が勝利する公算が高い。だけど、中国との関係を考えた場合米中摩擦は米国にもかなりのダメージを受ける。

トランプ大統領が自身の大統領再選を狙っての支持率集めなら、米中対立は再選直前には収束、代わりにダメージが中国ほどではないイランとの対立が激化するんではないだろうか??

イランとの関係対立はかなり大きく原油価格を上昇させる原因となるので、以上のストーリーが展開されると踏んだ私は原油ETFを購入しました。

当初入れたお金は10万円。はじめてのコモディティETFということもあり、少額での挑戦となったのです、、、

途中経過

投資した理由には勉強のやる気を出すためというのもあったので、過去の原油価格推移を確認して高値ではないということを確認だけしてすぐに10万円入れて初エントリー!

まあ失敗しても授業料だ!って気持ちでした。大丈夫大丈夫!最悪10万円だし残業〇〇時間すりゃノーカンよ!ノーカン!ノーカン!!

頭の中は456でいっぱい!とりあえず買ってみました!

米中対立は緩和ムード、発表される経済指標は堅調ということもありすぐに含み益は5000円を突破!2週間で利率5%です!大成功!やっぱ天才だわ〜()

直後、米中対立激化のニュースが流れ、2週間後には逆に含み損を抱えることに−300円ではありましたが、かなり残念な気持ちになりました。

あのとき!利確しとけば!あのゲームも!買えたのに!

↑買おうと思ってたゲーム(ここまで適当なリンク貼りとかあるのか??)

その後もなんだかんだと原油価格はもみあいを続け、−3000円あたりを行ったり来たりを繰り返しました。

その時の私の頭の中

『今売ったら8000円の損失!8000円あればあれが!これが!あれも買えた、、、!売ってたまるか』

そうなんですよ

教訓① コモディティ投資は闇 保有最高額で売ったものとして損失を計算してしまう

いやあ闇だね。親リーに国士リャンシャンテンで向かってしまういつもの悪い癖が出たね。

下落が進んだ時の気持ち

その後もトランプはどんどん中国をいじめていきます。はい関税!これも!あれも!あ、メキシコにも関税かけよ!

どんどん世界はリスクオフムード。原油もどんどん下がる下がる。

そこでとりあえず私はナンピンしてみました。

1バレル58ドルでエントリーした原油が54ドルになったので追加で3万円!いれようとしたんです。でも指が止まらなかった

だってさ、もうさすがに底だと思ったのよ。グラフ見てもテクニカル的にも、アナリストレポート読んでもサウジとイランの動向見てももう大丈夫だって!

5万入れちゃった〜笑

そのときの私の心境

これ当初の予定通り1バレル65ドルとか言ったら2、3万儲かるんじゃね??

やった!Switch買えるやん!!ついでにスマブラも買おう!

頭の中ゲームでいっぱい。

それから数日。米中貿易摩擦懸念は大して後退もしていないのに、米国の原油在庫量が発表。今後に備えた備えをしているとかなんとかで案外在庫が多かった。

原油価格下がった。含み損1万円行った。。。

教訓②原油価格は長期的には米中と言った巨大消費国の景気動向で決まる。中期的には中東情勢などの地政学リスク。短期的には原油在庫やリグ稼働数と言った原油今どれだけ準備できてるの?って指数で決まる

さらに進むナンピン&含み損

その後もどんどん米中対立は激しさをましていく。そしてついに中国が米国に報復関税をかける!と反撃!米国もそれにさらに反撃!したタイミング

心の声『あ、原油終わった、、、』

でもめげずに1バレル53ドルでさらに5万ナンピン。結局保有額は20万円!

損失は最終的には1万6000円まで行っちゃいました。

なぜ売らなかったかというと、

長期的には株価と連動性のある原油は再選を視野に入れた大統領の行動によって60ドルまでは戻す公算が高いと踏んでいた。

加えて損切りラインの10%損失にも達していなかったという2点が原因でした。

今でこそ冷静に振り返ってますけど、当時はヒヤヒヤ。

まあ1万、2万の損失なんでそこまでヒヤヒヤしないでしょ!と思う人いるかもだけど、そうじゃない!かなり精神的には怖かった!

これが本当に伝えたい!!!

これが伝えたい教訓!!

ここからこのトピック全部赤文字にしたいレベルで伝えたい

まず第1

コモディティ投資は絶対に余剰資金でやること!!


長期保有すればほぼ確実にペイできる株式投資と違ってコモディティ投資はペイできるとは限りません。この前提がかなり精神的にきつい

あ、今売らないともっとやばくなるんじゃないか。。。これ2、3年も価格動かなくて損状態だったらどうしよう。単に20万円預金してるだけじゃないか、、、

っていう考えになってどんどん不安になっていきます。

エントリー時に考えていた自分のストーリーは何一つ否定されていないのに、一時的に価格を下げただけでこの心理状態になりました。

そんな精神状態を緩和させる意味もありますがかならず余剰資金で投資をすることをお勧めします

そして2つ目

自分の保有株価とは切り離して考えるべし

私は他にも投資信託やETFを保有しています。しかし相次ぐ円高、米国株の下落によって原油以外も日々価値が目減りしていく状態に

そんな中、原油もそれらよりも速いスピードで下落していきます。

そこそこ安全資産だと思っているsp500投資信託などが目減りしていく中、頭では有効とわかっている原油のナンピンは非常に恐怖を感じました。

頭ではわかっていても、実際に安全だと踏んでいる資産も日々減っていきます。そんな中、リスクを取ってさらに原油に追加投入することに大きな抵抗を感じました。

特に原油は株価と同じ動きをしがちですのでこの傾向が強く出ました。

教訓 コモディティなどの短期投資は資産形成長期投資の分けて考えよう!なるべく目につかないように管理したい

さらにこれが私が一番はやくポジションを解消しようと思った理由

追加資金力の低下を恐れた

これです。本当にこれを一番怖がってしまって結局今回のポジション解消に繋がりました

私は本来は株式投資家です。今回は勉強のために原油ETFに挑戦しましたが、一番は株式投資の方です。

株式投資ではナンピンが非常に重要です、ですが株価が十分に下がった!と言える時に資金投入する余力がなければどうでしょう??

みすみすチャンスを逃すことになり得ます

私が今回恐れたのはこれなのです

米中対立で日々株価は落ちていく。SP500であれなんであれ、買い時なんでは??と思った人は多いんじゃないでしょうか??

私も例に漏れずそう思っていました。そんな時に原油はポジションを解消すれば損をする状態です。

ナンピンするための資金調達のためにポジションを解消したい!

でも今売ると2万円ほど損してしまう、、、

それは抵抗がある、、、

という考えになります。

結論:短期投資は余剰資金でやるべき!しかもその余剰資金はナンピン用のお金を使ってもいけない!

はじめてのコモディティ投資を終えて

はじめてコモディティ投資をしてみてわかったことがあります。

それは

自分のお金を実際に使わないと自分の精神状態を知ることはできない

ってことです。会社のお金で投資したり、長期保有すればペイできる株しかやったことのない状態では

コモディティの短期投資で価格が下落すると自分はこういう精神状態になるのか!

と知ることはありませんでした。

いや!いい経験ができた!結局1000円儲かったし!NISA枠20万使ってしまったけどブログに感想もアウトプットできたし!いい経験だった!!!

終わりに勉強的な教訓

最後に原油の基礎知識をまとめておきます

原油価格推移理由は調べるとめちゃくちゃな量の情報が出てきます。

挙げ句の果てにはシンガポールの石油製品の値段が石油自体の値段を決める。

とかいう理論まであります。

ですが、基本的に投資家でさえも原油は3、4個の原因で値段を変化させます。

それが

米中の景気

中東の治安

石油の増産、減産

石油貯蔵量と供給予測量

だいたいこの4つで十分です。ただ、原油価格はこのような要因をすっとばして暴落、暴騰する場合もあります。そのような時用にいくつか本を読むのはおススメです。

個人的には 原油暴落の謎を解く という本は参考になりました。実際に3回ほど読み直している本です

原油は株式投資にかならず関わってくる超重要ファクターです。投資はしないにしろ勉強することは強くお勧めします

日々の株価の動きやビジネスチャンスについて発信中